ランニング腰痛・マラソン腰痛

ランニング中に腰が痛い、股関節が痛いといわれる方も多く来院されます。
そういう方は体全体のバランスを整える骨格調整が必要です。また腹圧をあげ走った際に腰に負担がかからないようにすることが大切です。
体の作り方を含めてアドバイスさせていただきます。

整体院はつらつ ランニング腰痛施術法


ランニング腰痛・マラソン腰痛 症例集

埼玉県朝霞市 55歳女性 腰痛を撃退して見事、初フルマラソンを完走!

今までハーフマラソンには出場したことあったのですが、12月のホノルルマラソンに出たいとのことで1か月前に来院。 走ると5キロで骨盤部が痛くなってしまうとのこと。

骨盤部の痛みは単にランニングフォームが悪いということだけでなく色んな要因が隠れている場合が多いです。
考えられることとして

① 昔の故障、けがの影響
② 心因的なこと
③ 女性の場合、生殖器系疾患との関連性

なども考えられます。

この方の場合、もともと胸が凝りやすい、首が回らなくなるなどの症状が併発していました。

特に胸が張って凝ってくるというのは心因的な問題が多いので、日常生活での負担になる事案を認識してもらいながら体のケアもすることを中心に施術しました。

ホノルルマラソンまで時間がないので週2回のペースで集中的にケアをして、また練習より休養や練習できないことに不安と認識しないようにアドバイスをして、気持ち的に沈みそうなときは自分自身で胸部を温めてもらうなどをしてもらうことで安定してきて痛みも治まってきました。

当日用のテーピングの指導をして無事完走。
その後も完全に腰痛を改善するため2週間に1回施術して痛みも完全になくなりました。

予防のため現在も月1回の施術をやっております。

埼玉県朝霞市 34歳女性 ランニング歴1年目

鼠蹊部痛 股関節痛を訴えて当院にこられました。
皇居を楽しくジョギングしていたら6ヶ月後くらいから痛みがではじめたそうです。

マラソンをしたくて走り始めて1年目たった頃から、走り出すと痛みがでて左股関節に痛みを感じていたそうです。

実際は股関節ではなく鼠蹊部(足の付け根)の痛みで、 普段の仕事で目の疲れによってパソコンをさわっていたので 頚椎の1番2番が首から後頭部にかけてかたまって凝り固まっており、
本人は痛みがないのですが、振り向くことができないくらい固まっていました。

その首のせいで正面を向いて走っているつもりが足の出方も崩れており、 その首のせいで左の鼠蹊部がいたかったようです。

股関節が痛いといってもそこだけに原因があるわけではありません。全身を見て調整していきます。

時折頭痛をすることもあったそうですが、頚椎の調整、骨盤の調整を、股関節の調整をすることで 頭痛もでなくなり、楽しくランニングもでき、 1年目で湘南マラソンに無事完走することができました。

フルマラソンデビュー戦を飾ることができました。
8回の治療で痛みが完全にきえてその後2年目、 東京マラソンの前日にコンディション調整をしましたが 無事完走することができました。


埼玉県春日部市 40代女性 ランナー歴2年

整形外科にいってもレントゲンでとくに異常がないと言われました。
その後。通っているスポーツジム二併設されている治療院で一度受けたけどわからないと言われ当院に来られました。

朝起きる時に腰が痛い。走りたいし走れるけど、走ると次の日の朝が痛くなるんじゃないかという不安です距離が伸ばせないと悩んでいました。

もともと便秘症があってお腹もはっていたこともあり、 骨格を調整することで腹圧をあげ、走ったときに腰に負担がかからないように施術をおこないました。

並行して自宅で腹式呼吸をやっていただいて、 便通の改善をするようにアドバイスしました。

6回で痛みが改善し、スムーズに走ることができるようになりました。

股関節痛 宮城県仙台市 61歳男性 ランナー歴7年

54歳でマラソンを始めて、61歳で当院に来られました。
走ると股関節が疲れやすいということで相談に来られました。

ランニングクラブに所属されてコーチから指導を受けて骨盤が使えていないということを指摘されて骨盤を使って走れるように骨格の調整と運動療法を徹底してとりいれて施術をおこないました。

マラソンでサブスリーをとることが目標ということで60歳を過ぎた今でも、年間4・5本はフルマラソンをやっており、70歳で世界記録になれるよう日々頑張っておられます。

仙台から今でも大会前日には当院にお越しいただいてコンディション調整をおこなっておられます。

ご予約はこちら
TOPへ戻る

COPYRIGHT© 整体院はつらつ ALL RIGHTS RESERVED. Design by PORTALS