当院について

こんな症状でお困りではありませんか?

     
  • 走ると肩がこる
  •    
  • 走ると腕しびれる

胸を開かず走っていませんか?肩こり
肩をこらせない!
腕がしびれない走り方はあごを引いて胸をちゃんと開いて走ることです。

でも意識してもどうしても出来ない!
そんな時は全身の骨格のバランスを整えることが
大切です。

ランニング・マラソンの肩こり・腕のしびれ

さいたま市浦和区 大学1年生 肩こりと緊張

走ると肩こりがひどく腰にも痛みがでて、大会前や重要な試合で緊張が強く結果が出せないで悩んでおられました。

フォームが非常に腰高になっていたので肩こりが治らない要因になっていたので
まずは、骨盤の調整をして、フォームの重心を落とさせ、肩の力が入らないようにしました。
また、緊張が強いようなので、顔の筋肉を緩めることで走っていても肩の力を抜けるようにしました。

週1回のペースで5回、治療してかなり改善しました。
月2回のペースでコンディションの様子見、
彦根駅伝にむけて目指しています。

東京都豊島区 44歳 女性 マラソン歴2年
元々、20才代からの肩こりを持っていたが走りだして肩凝りは良くなったが
段々、走れる距離が長くなってきたので楽しくなって更に...と思っていた矢先に
どうも左腕にしびれを感じるようになってきた。

最初は25キロすぎるとしびれていたが段々、5キロ走るだけでしびれがでるようになったきたので来院されました。

肩が前に巻きこむような姿勢でしたので骨盤調整、腹筋の固さをとり
頚椎を調整することで自然と走っても胸が開いた感じで走れるようにしていきました。
実は腕の振り方を意識すればするほど力が入ってしまい肩がこってきていたのです。
そのため腕の力を抜く(脱力)練習をとりいれてもらい
4回の治療でしびれはでずに無事、目指していた湘南マラソンを完走できました。
ご予約はこちら
TOPへ戻る

COPYRIGHT© 整体院はつらつ ALL RIGHTS RESERVED. Design by PORTALS